「あおもり泰成苑」は、認知症リハビリテーションにも積極的に取り組む施設です。
あおもり泰成苑
  • 居室面積:居室A/約13.5畳(約8畳) 居室B/約18(約11畳)
  • 各居室に洗面所と電動付介護ベッドを設置し、健康と安全に配慮しています。
  • 居室ごとに色違いの引き戸と入口プレートを採用し、自室を覚えていただくための工夫を施しています。(入口プレートとは、入居者様のお好きな絵画や写真等を挟み込む表札とお考えください)
  • 引き戸は制御装置(流体摩擦抵抗を利用)により、誤って指を挟む心配がありません。
  • 認知症の入居者様の「適応しやすさ」にも配慮し、少人数単位(ユニット制)での生活空間を採用。
  • ユニットごとに食堂・デイルーム・トイレ・浴室・サービスステーションを配置し、入居者様の24時間の安全に配慮しています。
  • 各階ごとにテーマカラーを設定し、床やカーテンの色を選定しています。
  • 一般浴室のほかに、入居者様の心身状態に合った浴室(浴槽)で、安全に入浴をお楽しみいただきます。
浴室 一般浴槽、機械浴槽
  • 北棟と南棟を結ぶ渡り廊下を開放し、季節を問わず、安全に運動量を確保できます。
    (10:00〜17:00)